パンを落としながら

ふわふわした中に確かなものを

大倉忠義に青春を捧げた話 その1

私のオタクの原点を話さなければこのブログの設立の意味がありません!

今回は私がeighterだった頃のお話前編です。

 

私はイケメンがもともと好きなので←

Myojoを買ってたんですね。

でも推してるグループも個人さえもいませんでした。

顔ファンですらないって感じです。

嵐のアルバムを曲が好きだから買う程度といいますか…

ジャニーズの曲ファン?的な?

 

しかし転機は訪れます…!

1万字インタビュー*1をご存知でしょうか。

私は買ってすぐはインタビューを読まず、空いた時間に選んでじーっと読むタイプでした。

忘れもしない春休み!

私は雑誌に執着はないのでざっと見たら割とすぐ捨てていました。(今考えたらやばい)

家に残っていたのは2冊でした。

そのうちの1冊の1万字インタビューが大倉くんの回でした。

彼の仕事観、その他苦労話を読んで

「なんてすばらしい仕事観なんだ!!!!!!!」

ってなったわけです。

彼らを応援したい!!って気持ちが芽生えました。

そうです、eighterになりました!沼こんにちは!親にはなかなか言い出せずFCに入ったのは夏休みでした。8ESTの広島公演に締め切り3日前ぐらいに申し込んだのを覚えています。

 

そして第1希望の8ESTの広島公演に参戦したんですが、今考えたら「よくあんなに曲を知らずに参戦できたなぁ。」と思います。

ブリュレや初期のシングルさえ分からない、C&Rも分からない。それでも心はオタクでした。

参戦後めっちゃ泣いたのを覚えてます。

こんなに苦しくなるなら好きになるんじゃなかったって思ったのを覚えてます。(恥ずかしい)(重い)

 

そこからはもうガチのオタクです。関ジャニ∞沼に完全に潜って生活していました。

大阪ロマネスクのダブルA面シングル以外、がむしゃら行進曲までのシングルをそろえ、

FIGHTまでのアルバムを某CDショップでレンタルし、8ESTから関ジャニズムまで、

さらに47から十祭までのライブDVDを購入しました。

我ながらすごい行動力…!

それまで特にお金を使うようなことがなかったので貯金がすごい勢いで減りました…

 

メンバー全員の性格などを知っても私は大倉くんが1番大好きでした。メンバー全員好きだったんですけれども、笑った顔とかドラムの時の表情とか大きな笑い声とか、そしてくらすます*2で紡ぎ出される仕事観とか全てが大好きでした。(だから重たいって)

 

そして!崩壊の時が!!!!

 

次回はeighter卒業編をお送りします。

 

*1:Myojo内の連載企画。2011年5月号から2015年4月号まで続いた。

*2:ジャニーズウェブ内における大倉くんの期間限定不定期更新連載。